犬 ダイエット

border

犬の健康管理

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

 愛犬にいつも元気で、そしてできるだけ長生きしてほしいと思うのは、すべての飼い主に共通する願いでしょう。

  そのためにはふだんから犬の健康管理をしっかり行ない、病気に対する正しい知識や対応法を知ることが大切です。

 犬の健康をチェックする方法や犬に多い病気などをまとめました。

犬の異常を見落とさないようにしよう

 愛犬の病気に少しでも早く気づくために、飼い主はふだんから犬のようすに目を配ることが大切 です。

  いつもと違ったようすなら、すぐにかかりつけの動物病院へ相談をしましょう。

  動物病院には、病気になったときだけ通うのではなく、健康診断を受けるためにも定期的に通うべきです。

  健康診断では、身体検査から始まり、血液、X線、糞便、超音波や心電図の検査を通じて、犬の体に異変がないかをチェックします。

 初期には飼い主からは症状がわかりにくい高血圧や心臓病などの病気も、定期的な健康診断によって早期に発見され、適切な治療を受けることで大事に至らずにすむケースが多くあります。

 健康検査ですべての病気が見つかるわけではありませんが、診断を受ける習慣さえあれば、たとえ飼い主が気づかなくても、病気を早期に発見する可能性が格段に増えるのです。

 人間の1年は犬にとって4〜5年に相当します。

 そのことも考慮して、たとえ犬が健康に見えても、年に1〜2国は健康診断を受けることを習慣にしましょう。

 動物病院は医療技術がたしかなのはもちろん、飼い主に対して、わかりやすく心のこもった説明ができるところを選びましょう。

 獣医師が治療の選択の哺をもち、いろいろな治療法の長所と短所をよく説明してくれて、相談ができる動物柄院をおすすめします。

 緊急の場合も考えて、かかりつけの動物病院は自宅からあまり遠くないはうが安心です。

 愛犬の異変に気づいて動物病院に行くときは、どのようなところがいつもと逢うのか、また獣医師に賞間したいことを、事前にメモにまとめておきましょう。

 ウンチや尿がいつもと逢うときは、朝一番の尿とウンチを容器に入れて持参すれば、より正確な診断が受けられます。

 獣医師の説明は納得できるまでよく聞いて、疑問が残らないようにしましょう。

愛犬の健康チェックリスト

○いつもと逢うようすはありませんか?
○ドッグフードを選り好みしていませんか?
<犬の体に触ってみましょう>
○熟さを感じませんか?
○腫れやしこりはないですか?
○触れていやがる場所はないですか?
○犬のウンチの色や大きさ、硬さに変わりはありませんか?
○オシッコの回数や色、においに変わりはありませんか?
○目やにや鼻汁、くしやみは出ていませんか?
○いつもと同じ食餌を与えているのに、体重が増えたり減ったりしていませんか?

 愛犬の異変に気づいたら、なるへく早くかかりつけの獣医師に相談しましょう。

肥満大敵

 肥満こなるといいことはひとつもありません。

 食べすぎと運動不足は、犬が肥満化する原因になります。

 肥満は糖尿病、腎臓病、心巌病、椎間板ヘルニアなどの重い症状を引き起こし、大切な愛犬の寿命を縮めてしまいます。

 犬の体は、それぞれの犬種の体格にふさわしい構造と機能をもっています。

 にもかかわらず、犬本来の体重の1.2倍〜2倍の体を動かそうとすれば、内臓や骨格に大きな負担をかけます。

 まず、心臓は太った体のすみずみに血液を供給しなければなりません。

  今までの大きさでは心臓の血液の出力が不足するため、心臓はどんどん大きくなり負担が増えます。

  加えて、コレステロールにより血管壁が肥厚して血流障害を起こし、血圧が高くなります。

 また、過度の体重を支えられないため、股関節に問題が生じやすくなります。

 さらに、塩分や糖分、脂肪が多い食べものは犬の心臓や肝臓、膵臓や肝臓に障害を引き起こし、内分泌の異常によって、皮膚病も起こしやすくなります。

愛犬の肥満度をチェック

 犬の肥満は、犬にとっていいことはひとつもありません。

 愛犬を肥満にしないように、毎日の食餌と運動に気を配りましょう。

 犬の肥満度を調べるためには、ボディ・コンディション・スコア(BCS/下記参照)を活用します。

 犬の肋骨と腰を触り、おなかの脂肪を見ましょう。

 BCSが4もしくは5の犬は、減量が必要です。

  ドッグフードを減量タイプのものに切り替えて、おやつの量をひかえましょう。

  散歩の時間など、一日の運動量を増やすことも大切です。

  減量は犬の体に負担をかけないように、獣医師に相談しながら3〜4か月かけて、ゆっくりと行ないましょう。

肥満度チェック(BCS)表は下記のサイトで紹介されています。

http://www.e-petlife.com/iivc/pdf/dog_bcs.pdf



       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]