犬 病気

border

犬がかかりやすい病気

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

犬の日頃の健康管理

愛犬の病気に事前に気づくためには、日頃から健康状態を知っておくことが大切です。

普段の平熱、脈拍、呼吸数、体重などを知っていれば、それが乱れることで健康状態が変わっていることに気つくことができるはずです。

まず熱ですが、犬の体温は常に一定というわけではありません。

午前中は低めで、午後は高め、運動の後は体温が上がります。

愛犬の状態が同じ時同じ時間に体温を測り、平熱を調べておきます。

平熱よりも1℃の変化があれば、何らかの異常を考えましよう。

40℃を超えると危険です。

すぐに病院に連れて行きましょう。

ちなみに、標準体温は、小型犬で38.6〜39.2℃、大で37.5℃〜38.6℃です。

測り方ですが、折れにくい電子体温計がベター。
それをラップで包み、肛門に3〜5センチ入れて計ります。

先端にオイルなどを塗ると入りやすくなります。

次に脈拍です。

熱がある時や、心臓、呼吸器の病気でも脈拍数は増えます。

愛犬の脈拍の標準値を計っておきましょう。

後ろ足の付け根のところに動脈がありますので、そこに手を当てて計ります。

犬を横にして、後ろ足を持ち上げ、付け根あたりを手で触ると脈打つ場所がわかるじはずです。

そこで15秒間、脈拍を数えます。

その数字を4倍すれば、1分間の脈拍数がわかります。

ちなみに、脈拍の標準値は小型犬で60〜80回。
大型犬で40〜50回です。

呼吸数を覚えておくことも大切です。

例えば熱がある時など、体調が悪い時は犬の呼吸が荒くなるからです。

運動後でもないのにはハアハアとあらい息をする時は、呼吸数を計って、平常よりも速くないか確認しましよう。

測り方ですが、犬と向かい合って、15秒間の呼噸数を数え4倍します。

鼻先の呼気や胸の動きなどで計ることができます。

吸って吐くの動作で呼服数を1と数えます。

ちなみに小型犬で20〜30回、大型犬で15回です。

最後に体重です。

体重は愛犬の健康のハロメーター。

定期的に計っておきたいものです。

犬種によって標準体重は決まっていますから、よく行く獣医さんに確認しておきましょう。

体重計は人間のものと同じで大丈夫です。

体重計を二つ用意してその上に其々前足と後ろ足を乗せ、両者の数値を合計します。

しかし、一般の家庭では二つの体重計はなかなか用意できませんので、まずは飼い主が体重を量り、続いて犬を抱っこしてその差を求めます。

子犬がかかりやすい病気

抵抗力がまだまだ発達してない子犬ですから、いろいろとかかりやすい病気もたくさんあります。

部位ことに挙げてみましょう。

【目】
○結膜炎
○角膜炎
○白内障
  家に来たばかりの子犬に、目ヤ二がたくさんついていたり、涙があふれているのは病気のサインです。
 特に、目が出ているベキニースやシーズーなどの犬種は、目の表面を傷つけやすいので、部屋の環境や散歩中の行動に注意してください。

【耳】
○外耳炎
○耳かいせん
○中耳炎
○内耳炎
  子犬に限らず、犬が非常にかかりやすいのが耳の病気です。
  犬の耳の中は温度も湿度も高く、細菌などが繁殖しやすい環境なのです。
 特に垂れた耳の犬種や、耳道に毛の多い犬種がかかりやすい傾向があります。
  病気の早期先見のために日常的に耳の中を観察するようにしましょう。
  シャンプーの後は耳掃除をするなど、家族でルールを決めておけば発見しやすいでしょう。

【鼻】
○鼻炎
○ジステンバー
Oケンネルコフ
○口蓋裂
 犬の鼻が乾いていると病気だとよく言われますが、実はそれは病気の目安にはあまりなりません。
  発熱している場合は鼻が乾いていることも多いのですが、健康でも乾いている時もあります。
 子犬の場合は、むしろ鼻水が出ているかどうかに注意しましょう。
 子犬の鼻水は重い病気の場合もあります。

【口】
○口内炎
○歯肉炎
○乳歯遺残
 子犬のうちから歯周病になってしまうことはあまりありません。
 ただし、生後一年程度で、歯周病の原因となる歯石が付き始めることも珍しくありません。
 また、乳歯が残っていると歯石がたまりやすくなります。
 子犬のうちから歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。

【皮膚】
○ノミアレルギー性皮膚炎
○犬かいせん
○膿皮症
  被毛で覆われているため、皮膚の様子がよく観察できない犬にとって、皮膚病は気づきにくい病気の1つです。
 かゆがったり、毛が抜けたり、フケが多いようなら皮膚病の可能性があります。
 シャンプーの回数が多すぎたり、すすぎ残しも皮膚病の原因になりますので注意しましよう。
 アレルギーの場合もあります。

【肛門】
○条虫症
○肛門嚢炎
  子犬はきれいに排泄することがまだ難しいのです。
 そのため、肛門の周囲に便や尿が付着していることがよくあります。
 排泄時にチェックして清潔に保ちましょう。

【生殖器】
メス
○子宮内膜炎
○子宮蓄膿症
オス
○包皮炎
○尿道炎
  生後半年を過ぎると、オスのべニスの先端に乳白色の分泌物が付着することがありますが、これは尿道を保護するためのもので、ほとんどは病気ではありません。
 ペニスをなめる場合は、包皮炎を起こしている場合があります。
  子犬の場合、生殖器の病気はあまり多くはありません。

【下痢・便秘・オシツコ関係】
○寄生虫
○伝染性疾患
○心因性の下痢
○膀胱炎
○尿路結石
○急性腎不全
○タマネギ中毒
  下痢の原因で多いのは食べ過ぎです。
 食欲があって元気なら、1食抜いて消化器を休ませ、様子を見ましょう。
  ただし、生後3か月未満の場合は、急変することもありますので、早めに獣医さんに見せましょう。
  オシツコは回数が多かったり赤かったりしたら病気の可能性があります。

犬種によってかかりやすい病気

愛犬の日頃の健康を知ることが大切です。

以下、主な犬種のかかりやすい病気を挙げてみます。

【チワワ】
 膝蓋骨脱臼、水頭症、気管虚脱

【トイ・プードル】
 膝蓋骨脱臼、軟骨形成不全、外胃炎、心臓弁膜症

【ミニチュア・タックスフンド】
 椎間板ヘルニア、脈絡膜や網膜の形成不全

【シーズー】
 流涙症、角膜炎、結膜炎、毛包虫症、外耳炎

【コーギー】
 進行性網膜萎縮、白内障、椎間板の疾患、尿路結石

【ラブラトール・レトリーバ】
 股関節形成不全、肥大性骨異栄養症

【ヨークシャーテリア】
 環軸亜脱臼、膝蓋骨脱臼、気管虚脱

【パピヨン】
 膝蓋骨脱臼、気管虚脱、心臓弁膜症、乳歯遺残

【ボーター・コリー】
 アトピー性皮膚炎、網膜萎縮、股関節形成不全

【ゴールテン・レトリーバ−】
 股関節形成不全、膿皮症、甲状腺機能低下症

【ポメラニアン】
 膝蓋骨脱臼、気管虚脱、環軸亜脱臼、心臓弁膜症、肩甲関節脱臼、心奇形

【柴犬】
 アトピー性皮膚炎、膝蓋骨脱臼、進行性網膜萎縮、認知症

【ビーグル】
 突発性てんかん、口蓋裂

【ミニチュア・シュナウザー】
 アレルギー性皮膚炎、尿路結石、腎炎、膀胱炎

【マルチーズ】
 膝蓋骨脱臼、心腋弁膜症、水頭症

【パグ】
 皮膚炎、鼻腔狭窄、目瞼内反症

病院嫌いにさせないポイント

○叱らない
  初めて診察台に乗せられ、不安になる犬は少なくありません。
  獣医さんのことを嫌がった時に叱ってしまうと、病院が嫌になってしまいす。
  楽しそうに振る舞いましょう。

○かばわない
  子犬が不安そうな素振りを見せた時に、「怖いのかい?」とかばってしまうと、「怖がれば助けてくれる」と勘違いしてしまいます。
  おとなしく診察を受けさせるためには、かばわないことです。

○診療後にほめる
  病院では楽しそうに振る舞い、診療後にはほめてあげて、ごほうびとしておやつを少しあげるなど、病院はいいところだ、というイメージを作りましよう。

病院に連れて行くときの注意点

 いろいろと注意点はありますが、意外だと思われがちなのが犬をきれいにしないことです。

  目ヤ二や汚れ、フケといった分泌物は、獣医さんにとって病気を診断する大切な手がかりなのです。あまりきれいにしていくと、その事がかりがなくなってしまいます。

  そのままにして行きましょう。

  獣医さんに行く前に、感染症が疑われる場合は、まずは電話をしてみましょう。

  病気の可能性によっては、ほかの犬、特に子犬にうつさないようにという配慮から、患者がいない時間帯を指定する場合もあります。

  指定された時間に行きましょう。

 また、食べた物の種類や量も大事な手がかりです。

  ドッグフードならメーカIなども控えていくと便利です。

  飼い主さんの推測ではなく、落ち着いて客観的な事実を伝えまししょう。

病気だと疑った方がいいシグナル

●水をたくさん飲んで嘔吐したり、お腹が張ってくる
  子宮の膿などによる膿毒症で毒素を排出できないと、水をたくさん飲み頻繁にオシッコをするようになります。
  多尿と嘔吐を繰り返すと、腎不全を起こすこともあるので、早急に病院へ連れて行きましょう。

●水をたくさん飲んで元気がない
  慢性腎不全になると、大量の水を飲んで大量の薄いオシッコをするようになります。
  しかし、だからといって水を与えないようにするのは危険です。
  水を飲まなくてもオシッコは出続けますし、水を与えないと脱水症状に陥ってしまうので、適度に与えることが大切です。

●水や食事をたくさんとって目が白く濁る
  のどが渇くので大量に水を飲み、臭いオシッコをするのは、糖尿病の可能性があります。
  また、食事を大量に食べているにもかかわらず、だんだんやせていくようだと、ますます糖尿病の疑いは濃厚です。
  目が白く濁る白内障の傾向が出たら重症なので、すぐに病院へ連れて行きましょう。

●嘔吐するのにお腹の周りが張っている
  お腹がパンパンに張っていて、嘔吐しても胃の内容物が出ない場合は、胃捻転が考えられます。
  この病気は、比較的体形が太めの大型犬に見られます。
  急死する可能性もあるので、すぐに病院で診てもらいましょう。

●食事を食べ残す
  日を追うことに少しずつ食べなくなるような場合、飼い主が気つかないうちに、慢性胃腸炎や腎臓病など、慢性病にかかっている可能性も考えられます。

●急に食べなくなる
  急性胃腸炎や肝炎などの急性の病気の疑いがあります。
  感染症にかかつている時も食欲がなくなるので要注意です。

●体温が異常に高くなる
  直射日光の下で長時間つないでいたり、閉めきった部屋や車の中に置きつばなしにしていて、このようになった場合は、熱射病だと考えられます。
  そうなると体温が異常に高くなり、けいれんを起こす場合もあります。
  頭を中心に全身を水で濡らし、体温を下げつつ早急に病院へ連れて行きましょう。

●よだれが出る
  いろいろ原因が考えられます。
  細菌性の口内炎や外傷、異物による炎症で舌がただれている場合、特に歯の間に異物が挟まっている場合は、血が混じったよだれが出ることがあります。
  また、乗り物酔いも異常によだれを出す場合があります。
  外に出して新鮮な空気を吸わせましょう。

●便秘をしている
  個体差もありますが、3日ほど出なかったら便秘を疑いましょう。
  高齢のオス犬の場合は、前立腺肥大症の可能性もあります。

●肛門の横が腫れてその後便秘になる
  犬の肛門には左右に一対の肛門嚢があり、中に分泌液が入っています。
  これが濃くなってくると排泄できなくなり、結果として、感染症を起こして肛門嚢に膿がたまる場合があります。
  その膿によって皮膚が破れ、膿と内容液が排泄されますが、その時、痛みを伴うため便をしなくなる犬もいます。
  これが便秘を引き起こします。

●大型犬の歩き方が不自然
  歩き方がアンバランスで足を引きずっている場合は、股関節形成不全かもしれません。

●下痢をしている
  下痢にもいろいろあります。
  食欲がなく、吐き気、血便をともなう下痢は、絹薗性の胃腸炎。
  激しい下痢で便の畳も多く、噴き出すように下痢をする場合は、急性大腸炎の可能性があります。

 

       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]