犬 歯周病

border

犬の歯周病

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

最も多い口腔内の病気

 犬の口腔内疾患の中でもっとも発生率が高く、3歳以上の犬の80%以上が、程度の差こそあれ罹患しているといわれるのが歯周病です。

  歯周病は口内で繁殖した細菌が炎症を起こすことで、歯の周りの組繊(歯周組織)が破壊される病気です。
歯周病は歯肉にだけ炎症が起きる歯肉炎と、その症状が進行して靭帯(歯内膜)や骨(歯樺骨)を破壊する歯周炎に分類されます。

 歯周炎を放置すると、歯の根元が化膿をして歯が抜け落ちます。

  口内の細菌はやがて歯茎から血管に入りこみ、脳や肝臓、心臓などさまざまな臓器の機能障害を引き起こします。

 人間の歯周病では、脳梗塞や糖尿病などを持病としていると症状が重くなり、逆にそれらの疾患があると歯周病が発生しやすくなるなど、ほかの病気との関連性が指摘されているので、犬も関連性があると考えていいでしょう。

 歯周病は歯についた歯垢や歯石が原因で発症します。

  歯の表面にたまった食べかすに細菌が繁殖すると歯垢ができ、さらにそれを放置すると石のように硬い歯石を形成して、歯茎に炎症を起こすのです。

 口臭や大量のよだれ、歯ぐきの出血やはれ、歯の黄ばみ、食餌を食べにくそうにしているなどの症状が見られたら獣医師に相談しましょう。

 プードルなどの小型犬や、短頭種のボストン・テリア、シー・ズー、パグなどは、とくに歯周病になりやすいので、毎日の歯みがきが一番の予防法です。

 歯垢が固まって歯石にならないうちに、こまめにブラッシングをしましょう。

 また、歯垢のつきにくいドッグフードを与え、人間のおやつはあまり食べさせないことです。

 豚のひづめなど過度に硬いものは避け、コングなどのオモチャを与えることも歯垢の除去に効果的です。

 

       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]