犬 目の病気

border

犬の眼の病気

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

緑内障

 目水が増えて眼圧が上昇することにより、視神経乳頭が圧迫されて視神経が萎縮します。

 視野がせまくなってやがては失明する、完治が困難な進行性の病気です。

 初期では赤目になった犬が目をしょぼつかせる程度ですが、進行すると角膜に浮腫ができます。

 さらに進行すると、レンズが脱臼したり、目が大きく飛び出したりするようになります。

 早期に異常を見つけて、利尿剤、炭酸脱水酵素阻害薬、局所点眼薬、注射薬、外科手術、レーザー手術などで眼圧を下げて、視力を守るようにします。

 義眼を入れたり、最終的には眼球の摘出をしたりすることもあります。

 ビークル、プードル、コツカー・スパニエル、タックスフンド、テリア、柴犬によく見られます。

白内障

 眼の水晶体が灰白色ににごる病気です。

  犬の老化に伴って発症する老年性白内障が一番多いですが、ほかにも先天性白内障、若年性白内障、糖尿病が原因の白内障、外傷が原因の白内障などがあります。

 遺伝的な素因をもつ白内障も多く、ミニチュア・シュナウサーやプードル、コツカー・スパニエルなどによく見られます。

 視力低下の症状は、薄暗くなると段差の前で昇り降りをちゅうちょする、早い動きに反応が鈍い、わずかな物音に驚くなどです。

 犬を快適に長生きさせるためには、目の異常を早期に発見することが大事です。

 白内障の進行を遅らせるように、投薬治療をします。

 また、最近では、白内障にかかった水晶体を超音波吸引手術で取りのぞき、その後に犬用の「眼内レンズ」を挿入して視覚を回復させる治療法も増えてきています。

露出性角膜症症候群

 眼が大きく、両目が外に飛び出しているシー・ズーやベキニーズ、バグ、ボストン・テリア、フレンチ・ブルドックなどに多い病気です。

 寝ているときにまぶたが閉じない犬は、角膜の中央が乾燥してしまうため、角膜が傷つきやすいです。

  また、目頭の毛がつねに目を刺激することにより、色素が沈着するなどして視界が悪くなったり、角膜上皮のびらん、角膜炎、角膜潰瘍にも進行することがあります。

  よく炎症などが起きる場合は、犬のまぶたを小さくする手術を行ないます。

角膜炎

 タックスフンドやシー・ズーなどの犬種に多く発症します。

  細菌やウイルスの感染、アレルギー、外傷、涙が少ない、日のまわりの毛や逆さまつ毛などで角膜に慢性的な刺激があるなどが原因です。

 涙をこぼす、眼をしょぼつかせる、まぶしがる、まぶたがケイレンするなどの症状が出ます。

  痛みがあると目をこすります。

  損傷がひどいと、角膜が白くなったり、血管から新しい血管が形成される血管新生、角膜潰瘍などの症状が出ます。

 早めに病院へ行きましょう。

 原因を除去する治療をしますが、進行した場合は外科的な処置をします。



       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]