犬 熱中症

border

犬の熱中症

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

熱中症

 人間のように汗をかいて体温を調節することができない犬にとって、梅雨から夏が終わる9月半ばまでは、とてもきびしい季節です。

  気温が高くなると、外気や体を動かすことで発生した熱が体内にこもり、体温が41度以上まで上昇して熱中症や脱水症状を起こすことがあります。

 犬が42度以上の高い体温で、細胞破壊を起こさずに耐えられる時間はたった数分です。

 夏期には、炎天下の車内に閉じこめられた犬が熱中症にかかってから、死亡するという悲惨なケースがよく見られます。

 夏は、暑い盛りの日中を避けて、早朝や日が十分に暮れた時間帯に散歩をしましょう。

 午後3〜4時ごろに、犬はあえぎながら散歩をする光景をよく見ますが、これは犬にとって大変苦しく、また危険なことです。

 人間は身長の1m以上のところから空気を吸いますが、犬は地面からの熱をもろに受けながら、地表から近くて暑い空気を吸い込んで歩くからです。

 真夏の散歩の危険性を知っている人は多いですが、意外と問題なのが、梅雨どきなどの湿度が高い日の散歩です。

 犬は、舌を出してハアハアとすることで、気道や舌の血管から体内で発生した余分な熱を放散させて、体温を下げています。
 
  舌を出して熱気を放散するのは効率が悪いですから、湿度が高い日は、水分を蒸発させて体温を下げることが難しくなります。

  ゆえに、梅雨時の散歩でも、熱中症になることがあります。

 気温が低くても湿度が高ければ体温が下がりにくいので、心臓や肺、気道に問題がある犬は、梅雨どきの散歩にも注意をしましょう。

 また、犬が室内や庭にいるときは、風通しがいい日かげの涼しい場所へいつでも行けるように気を配りましょう。

 犬が熱中症にかかったときは、氷を浮かべた洗面器の水にバスタオルをつけて軽く絞り、体全体を包んでください。

 けっして、被毛を氷水でぬらさないようにします。

 体温が下がり始めると体温の保持ができなくなるので、冷やしすぎは禁物です。

 応急処置をしたら動物病院へ電話して相談し、必要であれば直ぐに連れて行きましょう。

       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]