犬 肥満

border

犬の肥満

          
            愛犬をよい子にしたい飼い主のためのしつけ法 DVD 2枚セット

肥満は万病の元

 これは、犬と言えども人間と一緒です。

 犬は少しコロコロしているくらいがかわいい、なんて思っていると、後々、大変な目にあいます。

 確かに肥満自体は体に過剰な脂肪が付いているだけで、病気というわけではありません。

 しかし、度を越した肥満はさまざまな病気を引き起こします。

 経済的な医療費などの負担だけではなく、手もかかりますし、人間の家族に病人がいるのと同じくらいに大変です。

 結果としてあまり良く生きられない、という悲しい結末が待っていることもあります。

 いつまでも一緒にいたいと願うなら、愛犬の健康を保つためにも肥満は避けなければなりません。

 肥満で体が大きくなったからといって、それに合わせて内臓や骨格も大きくなるわけではありません。

 小型車のエンジンでトラックを動かすようなものと考えれば、どれだけ犬の体に負担がかかっているかわかるはずです。

 肥満によって引き起こされる病気の中で特に多いのが関節炎です。

 股関節を始め、膝・肩・肘・脊髄などに炎症や軟骨の変形が起こり、痛くて歩くのもやっと、という状態になってしまいます。

 また、入ってくる過剰な栄養を体が処理しきれないために、糖尿病や腎臓病、高脂血症などを引き起こします。

 そして肥満により免疫穂能が低下するので皮膚病や腫瘍ができやすくなったり、パクテリアやウイルスに感染しやすくなります。

 脂肪の付きすぎによるたるみは、さまざまな皮膚病の原因ともなります。

 さらには心臓への負担が増えるので、心臓病を誘発します。

 痩せていた時より多くの酸素をとり込む必要があるため、気管に無理がかかるほか、脂肪が気管を圧迫するので呼吸不全を起こします。

 また、肥満により老化が早まるとの研究結果もあるようです。

太りやすい犬種

 太りやすい犬種としては、 ビークル、バセット・ハウンド、キャバリア、シェットランド・シープドッグ、そしてラブラドール・レトリーバー、パグ、柴犬などが挙げられます。

 頭が丸くて手足が太く、ぽっちゃりしているとむしろかわいく見えてしまう体つきの犬たちです。

 反対に太りにくい犬種もあります。

 見るからにスマートで精悍な犬たちです。

  ジャーマン・シェパード、ドーベルマン、ブル・テリア、グレイハウンドがこれに当たります。

 意外ですが、愛玩犬として人気の高いヨークシャー・テリアも、肥満しにくい犬種です。

 なぜ犬種によって太りやすさに違いがあるのかは諸説ありますが、種を固定する際にたまたま太りやすい遺伝子を持った犬同士を組み合わせたことが原因とも言われています。

 例えばレトリーバーは鴨撃ちに同行し、川や湖に入って獲物を回収するために改良されてきました。

 ですから体温を保つために皮下脂肪を蓄えやすくできているのでは、と考えられます。

 ただし、ここで挙げた犬種はあくまでも傾向として言えるという程度の物差しです。

 犬種に関係なく、しつかり管理しなければ太ります。

犬はどのくらい太ったら肥満か?

 各犬種団体ではスタンダードの体重を公表しています。

 また、成犬の犬種別適性体重表も、あることはあります。

  しかし、これらはあくまで参考値にすぎません。

 なぜなら、固体ごとの体格のばらつきが考えられていないからです。

 もともとの骨格ががっちりした犬もいれば、きゃしゃな犬もいますから、一概に何キロ以上だったら肥満、とは言えないのです。

 簡単な見分け方として、大の体に触ってみて、肋骨に触れないようだと肥満の疑いがあります。

 一番目安になるのは、1歳の時の体重です。

 それより15%以上重かったら、ダイエット開始の合図と考えなくてはいけません。

肥満防止は飼い主の責任

 食事や運動の選択権は、すべて飼い主さんが握っているということをまずよく自覚しなくてはいけません。

  愛情表現と「ごほうび」や「おいしいもの」をあげることがイコールになっていませんか?
 
  家庭の中では特にお父さんにその傾向が強いようですが、日頃スキンシップする時間が短い人ほど、おいしい食べ物で犬の関心を引こうとします。

  酒のつまみなど高脂肪のものを、ねだられるままにあげていませんか?

  また、犬の食欲=健康のバロメータと勘違いしている飼い主さんが多くいます。

 健康な成犬であることと、水分を充分にとっていることが大前提ですが、本来犬は狩猟動物であり、健康な成犬なら、水だけで一週間くらい過ごしても大丈夫なのです。

 しかし2〜3日えさを食べないと、飼い主さんは大いに心配してうろたえます。

 そして、手を変え品を変え、食べてくれる食事はないか、と苦心した結果、高脂肪・高たんばく=高カロリーなものばかりになってしまう、ということがありがちです。

 食欲がない時は無理に食べさせる必要はありません。

 また、コンパニオンアニマルとして犬と付き合う、という成熟した考え方に至っていない飼い主さんもまだいるのが現状です。
 
  人格ならぬ「犬格」を認めるなら、その健康や幸せに気を使うのは当たり前のことではないでしようか。

肥満チェック

 犬も人間と同じく、腰のくびれあたりから「太った」印象になっていきます。

  現在、日本で飼われている犬のほとんどが太り気味。

 それを見慣れた目には、自分の犬が肥満には見えないかもしれません。

  実際に犬の体を触って6つのポイントをチェックしてみましょう。

1.肋骨
 一番脂肪の付き貝合が長くわかるのが肋骨です。
 優しく手で触ってみて骨に触れれば合格です。
 反対に、強く押さないとどこに骨があるかわからない、という場合は太りすぎです。

2.ウエスト
 腰の辺りを横から触った時に、肉が引き締まっていて、常の存在がわかれば大丈夫。
 ぽっこりとお腹がたるんでいたり、たぷたぷと脂肪がつかめるようなら太りすぎ。

3.背中
 首からお尻に向けて触ってみて、背骨に触らない感じがしたら肥満気味。
 上から見ると背中が横に広がった感じがします

4..のど
 人間と同じで、太ると二重あごになります。
 触ってみて、たるみがあるかをチェック。

5.首のうしろ
 首に脂肪が付くと、三段腹のようなひだが寄ります。
 手で脂肪をつかめるようなら立派な肥満です。(ただし、もともとしわの多い犬種は除く)

6.しっぽ
 しっぽのつけ根から先まで、ほぼ同じ太さならまずは安心。
 つけ根の上部に肉がたっぶりついて隆起していたり、つけ根に肉じわがよっているようなら、太りすぎ。

犬にもストレス太りはあるの

 犬には基本的に満たしたい欲求があると言われています。

<安全を図る欲求>
 まずは自分の安全を図る欲求。
 安全な寝場所を持ち、侵入者に自分のテリトリーを犯されない、ということが精神的な安定をもたらします。
 ですから、実は玄関先につながれている番犬は、ストレスいっぱいの生活を強いられているのです。
  自分のテリトリーの鼻先をたくさんの「よそ者」が行き交い、そのたびにワンワンほえて威嚇しなければなりません。
 「番犬」はその習性や能力優れている嗅覚を利用しているわけですが、犬にしてみれば気の休まる暇がないわけです。

<運動能力を維持する欲求>
 次は運動能力を維持する欲求です。
 犬は狩りをする動物ですから、運動能力が落ちることは死を意味します。
 スリッパをくわえて振り回したり、ひもを引っばって離さないなど、いたずらで困ると思うでしょうが、犬にしてみれば日々能力を鍛えるための大事な行動なのです。

<生殖欲求>
 そして、生殖欲求。
 子孫を残すのは生物にとって大命題です。

<集団で生きるための欲求>
 最後に、犬同士で社会的なコンタクトをとるという欲求です。
 犬は群れを作る社会的な生き物です。
 臭いをかぎ合う、マウンティングする、一緒に遊ぶなど、犬の社会の中で触れ合いを持つことが、精神衛生上必要なことなのです。
 これらの基本的欲求が満たされないと、むやみに遠ぼえしたり過食になったり、はけ口を別のものに求めるように求めるようになることもあります。

犬はなぜ満腹でも食べ物を食べてしまうのか

 基本的に野生動物は「お腹が減ったから」狩りをするのです。

  ところが、飼い犬はお腰が減っていなくても、与えられた食べ物は食べてしまいます。

  これは、食べ物がコミュニケーションツールになっているからです。

  人間側は、最も手っ取り早い愛情表現方法として、おやつやごほうび、晩酌のおすそ分けなどを与えて犬の関心を引こうとします。

  犬は、差し出されたものを食べると飼い主さんが喜んでくれるので、満腹であってもその期待に応
えようとします。

 そして、犬の方もどうやらおねだりが飼い主さんとの絆を確認する手段となっている場合があるようなのです。

 多少わがままを言っても、受け入れてもらえるのは愛されている証拠と考えているのかもしれません。

 ただ、これは犬になめられている可能性も考えられます。

  食事の量は飼い主さんがコントロールしている、ということを常に意識してください。

 おやつをあげたらこはんを少なくするなど工夫するのはもちろん、食べ物に頼らないコミュニケーションができるように考えてみませんか。

太りやすい年齢はあるか

 成長期の子犬はとにかく食べます。

 体重1kgあたりにつき成犬の約2倍の力ロリーが必要、という試算もあります。

  成長期が終われば食事の量がガクンと減るのはごく自然なことなのですが、飼い主さんがそれを理解していないと、「食べなくなって心配」とばかりに犬が喜ぶ高カロリーの食事を与えることになります。

 ですから、成長期の終わり頃はとても太りやすいのです。

  小型犬なら生後7〜8ヶ月、大型犬の場合は生後1年半くらいで大人になりますから、その時期の食事の与えすぎには注意が必要です。

 すっかり体が出来上がったために基礎代謝が落ちてくる年齢です。

  同様に、7〜8歳頃は中高年から老年期へと差しかかる頃ですから、筋肉量が低下し、同じ運動をしたとしても消費力ロリーは若い頃と比べて減っています。

 いずれも以前より食事の量が減らなければならないのに、人間の思い込みで昨日と同じ量をあげてしまう行為が肥満を招いているのです。

肥満の子犬は一生痩せにくい

 大人になってから太った場合は、1つ1つの脂肪細胞が大きくなり、脂肪を溜め込みます。

  ところが成長期に食べ過ぎてしまうと、脂肪細胞の数自体が増えてしまうようです。

 脂肪細胞の大きさは減量により小さくすることができます。

  しかし、厄介なことに、一度増えた脂肪細胞の数は減らすことはできないのです。

  子犬の頃に太らせてしまうと成犬になってもダイエットさせにくい、というのはそこに理由があります。

 ついつい、かわいくてたくさん食べ物を与えてしまいがちな子犬ですが、あげすぎはその子の一生を左右する重要な問題、と考えてください。

  飼い主さんの「食べ物を与えたい」という欲求も、子犬のうちからコントロールしなければなりません。

肥満に遺伝はあるか

 親犬がっていれば、子どもも太りやすくなる。

 これは残念ながら、仕方がないことです。

  子犬を譲ってもらう場合に、その子犬の親が太っていたら、太りやすい体質かもしれませんので、注意した方がよいでしょう。
 
  ただ、あくまで肥満は摂取エネルギーの過剰によるもの。

  きちんと食事の管理ができれば、親の体型と関係なく、スリムな愛犬でいさせてあげられるはずです。



       [スポンサードリンク]
       

 

HOMEへ戻る←

犬の健康

犬の健康管理
犬がかかりやすい病気
アトピー
歯周病
眼の病気
腫瘍
熱中症
薬の飲ませ方

犬のダイエット

犬の肥満
犬のダイエット計画
ダイエット サプリ
ダイエット食
ダイエット運動
リバウンドと病気

プロフィール

ブログ
さくらパパの気になる話

リンク集

[スポンサードリンク]